2021年08月05日

お知らせ

NEW

会長からの緊急メッセージ

 新型コロナウイルス感染症「第5波」はこれまでにないスピードで患者が急増しています。

 医療・福祉等の看護実践の場では、これまで長期に亘る感染への対応により負担が蓄積されている上に、さらに大きな負荷がかかっていることと思います。非常に困難な状況であり、この対応にあたられている皆様に対し、心からの感謝と敬意を表するとともに、ご自愛の上、頑張っていただきたいとのエールをお送りさせていただきます。

 自宅療養者の健康状態の把握等において看護のマンパワー不足が課題となっており、地域に寄り添う看護専門職団体である当協会として潜在的看護のマンパワーについての緊急調査を実施し、人材確保に貢献したいと考えています。

 神奈川県下に3回目の緊急事態宣言が発令される中、一人ひとりの感染対策が、医療や福祉現場の負担増大抑止につながり、人の命を守ることにつながります。市民の皆様には、感染を広げない努力と我慢を当協会からもお願いいたします。

 この苦難を乗り越えるため、それぞれに「できること」を考えてまいりましょう。

川崎市看護協会 会長 堀田彰恵