参加申込み受付中

災害時看護支援ボランティアナースフォロー研修会

災害時看護支援ボランティアナースの方対象の研修です。
ただし、小井土先生の講義はどなたでもZoomで聴講できます。申し込みフォームで受講形態「オンライン」を選択してください。

避難所巡回型医療救護班での相談支援活動をイメージし、多くの被災者に対応できるよう、机上訓練を繰り返すことが大切です。
また、日本の災害医療の中枢を担う国立病院機構本部DMAT事務局長からの活動報告、DMATが解散した後、亜急性期の看護活動に期待することを伺います。

日時
令和4年12月6日(火) 13時30分~16時00分
場所
川崎市ナーシングセンター(川崎市看護協会) 研修室
対象
災害時看護支援ボランティアナース  40名
受講料
無料(受付完了メールの振り込み案内は無視してください)
講師
国立病院機構本部DMAT事務局 DMAT事務局長 小井土雄一 医師
日本看護協会災害支援ナース 新百合ヶ丘総合病院 上路麻美 看護師 他
研修番号
16
Zoom聴講について
小井土先生の講義のみZoomで聴講できます。入力フォーム受講形態で「オンライン」を選択してください。
災害時看護支援ボランティアナース対象の机上訓練にZoomで参加はできません。
申込期間
令和4年11月8日~12月1日 (申込期間中のみ入力フォームが開きます)
申込方法
下記入力フォームからお申込みください。
申込完了後に、入力されたメールアドレス宛に受付完了メールを自動配信し、受講承諾となります。
ただし、定員を超えお断りする場合がありますので、ご了承ください。
受付完了メールが届かない
メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダなどもご確認ください。それでも届かない場合はご連絡ください。